琉球石灰岩の有限会社 中部大理石


沖縄県うるま市字田場1840-2
TEL:098-973-0599
FAX:098-973-5896

メール:info@41148.jp
 

沖 縄 の 石

メ イ ン

会 社 案 内

石 材 機 械

沖 縄 の 石

写 真1

写 真2


NEW
水回り

沖縄の墓

記念碑作成

石敢當

商 品 案 内

素 材 集
(石の画像)

ブログ(事務)

ブログ(現場)

リンク集

お問い合せ
写  真 説  明

 琉球石灰岩 (本磨き)

 琉球石灰岩の切られた石の巣穴を色調合<  したセメントで潰しそれを本磨き仕上げにしたものです。大理石と同様の性質があるため建築内部の使用が主となる。外部に使用した場合、艶があせり、その後黒いカビが生じます。

 本部石 (切り肌)

沖縄本島北部から産出される石材です。二億万年前に堆積してできた石材で灰色で緻密である。セメントの材料や骨材(バラス)として主に使われる。ダイナマイトで割られている為、硬いが割れやすい。
 

 本部石 (塩酸仕上げ)

 本部石の切り肌を塩酸に付けたものです。
 本来
石にはこういうやり方をしないのです
 が、本部石
をそれを浸すと艶が出ているよ
 うに見えます。

 

 勝連トラバーチン (本磨き仕上げ)

 沖縄本島の勝連半島で産出される石で綺麗で緻密な石材です。産出される場所が限られているため建材・彫刻意外ではあまり使用されていない。沖縄でも貴重な石です。ただ吸水率がだいぶ高いためコケがはえやすく外部での使用は、それなりの処理が必要です。
現在、ほとんど採掘されていません。

外にも多数あります。順次更新していきます。


水