41148.JP by (有)中部大理石

琉球石灰岩とは?

琉球石灰岩の資料

琉球石灰岩の仕上げ・張り方、積み方の資料があります。
琉球石灰岩の説明へのリンク

(不具合がありましたらこちらへ連絡下さい。)



沖縄本島で産出される代表的な石材

琉球石灰岩とは、沖縄本島の中南部で主に産出される石材である。
今から約180万-160万年前から約1万年にサンゴ礁のはたらきで形成され炭酸カルシウムを多く含む。

沖縄では古くから使われ、石畳やヒンプン・シーサーやお墓・石垣などでも使われた。首里城や勝連城の石積みにも使われ沖縄独自の積み方がある。

琉球石灰岩の特徴

琉球石灰岩とは、沖縄本島の中南部で主に産出される石材である。
今から約180万-160万年前から約1万年という石としては新しい時代にサンゴ礁のはたらきで形成された堆積岩である。堆積岩であることから、貝やサンゴや有孔虫(星砂など)を見ることができる。

沖縄では古くから使われ、石畳やヒンプン・シーサーやお墓・石垣などでも使われた。首里城や勝連城の石積みにも使われ沖縄独自の積み方がある。

琉球石灰岩の主な成分は炭酸カルシウム(CaCO3)です。

また、琉球石灰岩は吸水率が高く外部に使用すると雨水などを吸い黒いコケが生えることがある。同様に寒い地域の外部に使用すると凍害を起こす可能性もあります。

一般的な大理石と同じように本磨き仕上げを外部に使用すると、表面が酸性雨などによって浸食される。磨きを施すことにより若干撥水の効果はあるが、長期に渡る効果は期待できない。また、石材用の撥水剤もありますが日頃の手入れが必要となります。詳しくはお尋ね下さい。

琉球石灰岩の仕上げ

琉球石灰岩の仕上げには、次のようなものがある。
一般的な仕上げを順を追っていきます。

・割肌
割栗石

・ノミ切り仕上げ

・ビシャン仕上げ
ビシャン仕上げ

・切肌
切肌

・水磨き

・本磨き
本磨き

琉球石灰岩のガラの違いや濃淡
本磨き・濃淡

仕上げのよる違い
仕上げの違い

    
    写真はこちら(只今、新しい写真を準備中)
    琉球石灰岩の説明へのリンク(PDF資料)
    (不具合がありましたらこちらへ連絡下さい。)

琉球石灰岩の張り方(積み方)

琉球石灰岩は、沖縄で独自の石造文化を築いてきた。
特に世界遺産に登録された琉球王国のグスク及び関連遺産群を築造された歴史と同じように石造文化は発展していった。
現在では、主に以下のような張り方(積み方)が残っている。

  • 乱張り
  • 雑相方張り
  • 相方貼り
  • 本相方張り
  • 方形張り


       琉球石灰岩の説明へのリンク(PDF資料)
       (不具合がありましたらこちらへ連絡下さい。)

琉球石灰岩の仕上げと張り方(積み方)

琉球石灰岩は、上記の仕上げと張り方でさまざまな表情を見せる

設計士・建築業者の皆様へ

沖縄本島内設計士様へ

 石工事の見積り、施工技術面の相談も承ります。お気軽にお問い合せ下さい。

沖縄本島建築業社様へ

 石工事の見積りを致しております。図面からの拾い出しもしておりますので、お問い合せ下さい。
メールでの依頼は、こちらまで。データサイズの大きい場合は、こちらよりアップロードお願いいたします。

本土石材・内装様へ

 石工事の見積りを致しております。図面からの拾い出しもしておりますので、お問い合せ下さい。
メールでの依頼は、こちらまで。データサイズの大きい場合は、こちらよりアップロードお願いいたします。